よくあるご質問

・ ping が通らない

    サーバトラブルの可能性がございます。「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

・ ping は通るが、認証が通らない

    IP アドレス   : 正しい IP アドレスかどうか今一度ご確認ください。
   ユーザID       : お客様ご自身のユーザ名でなく、接続ユーザ名を陽に指定して接続ください。
                               例 : ssh jacc@192.0.2.1
   パスワード     : 大文字小文字、数字記号の差異などを今一度ご確認ください。

   それでも接続できない場合は、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

・  以前まで接続できていたのに、突然接続できなくなった

   サーバトラブルの可能性がございます。「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

・ DNS を設定したい

   DNS は静岡大学情報基盤センター様での運用となります。部局担当者様までお尋ねください。

・ 逆引きを設定したい

   お問い合わせフォームよりお申し込みください

・ OS の設定および Apache、MySQL、Postfix などのアプリケーション設定について

   JACC から発行の書籍「クラウドVPS入門」をご覧ください。1研究室につき1冊、情報基盤センターにて配布を行っています。
 JACC では、OSおよび個々のアプリケーションの設定や運用についての個別サポートは有償対応となります。
   あらかじめご了承ください。

・WordPressに関する情報

WordPress のアップデートについて

WordPress は初期設定で自動アップデートされるようなっておりますが、時に目視で確認することをお勧めします。
アップデートすると動作しなくなるのでは?
初期設定では 4.5.x の x 部、セキュリティアップデートのみが行われるので、原則として動作の互換性が保たれます
メジャーアップデート (3.y -> 4.y)では挙動が変更される可能性があります。バックアップ(手動もしくはプラグインもあります)を用意し、前環境に戻れるよう準備を行うことを推奨します。
実感では、WordPress 本体の機能と付属プラグイン、著名なプラグイン程度の利用であれば、致命的な不具合がおきることは十分低いものと観測しております
プラグインやテーマはどうなのか?
本体アップデート時に、サポートしないプラグインは警告されます(そこでアップデートをキャンセルすることも可能です)
最新版ではアンサポート、もしくは、更新が終了したプラグインなども存在します
個々のドキュメントなど参照し、代替を利用するなどご判断ください

WordPress で URL を短く

http://noexist.ipc.shizuoka.ac.jp/wordpress/
でなく
http://noexist.ipc.shizuoka.ac.jp/
でアクセスできるよう設定変更ができます
いくつかの方法があります。環境によっては機能しない場合があるので、方法1~2を順にお試しください

なおここでは例として noexist.ipc.shizuok.ac.jp ドメインをあげます。適宜読み替えていただけますか。なお、すでにDNS 登録は完了しているものとします。

方法1:metaでリダイレクト
/var/www/html/index.html
に
<head><meta http-equiv="refresh" content="0; URL=http://noexist.ipc.shizuoka.ac.jp/wordpress/"></head>
と記述してください
もっとも簡単ですが、クローラや検索エンジンから捕まえ難くなる欠点があります。

方法2:wp-config.php を変更する
WordPress 自体の設定変更でルートを変更します
やや手順が煩雑となりますが、確実です。下記本家サイトなどご覧ください

WordPress を専用ディレクトリに配置する - WordPress Codex 日本語版

・ディスク容量が足りない


パーティションポリシの変更により、従来は
/ 全部
だったものが
/ 50GB
/home (その他全部)
となっております。これは RedHat および提供ベンダのポリシによるものです

ここで、/var/www/html をそのまま使っていますと、ディスクが足りなくなる場合があります。いくつかの回避策をあげます

方法1:全体をシンボリックリンク

/home に十分余裕が場合、/home/www を作成し、/var/www を削除した上で、シンボリックリンクをかけます
# cp -a /var/www /home/www
# mv /var/www /var/www.bak
# ln -s /home/www /var/www

方法2:一部をシンボリックリンク
/ と /home 双方の空きが十分でない場合、一部だけ、たとえば、/var/www/hml/archive など、分割して /home に
逃がしてシンボリックリンクをかけるという手法もあります

方法3: パーティションの切り直し(有償対応)
お使いのサーバをカスタムパーティションでインストールしなおし、例えば、/home をないものとして、/ と /boot のみの変更で提供する
こと、などは可能です。有償にて対応いたします。なお、データはすべて初期化されます

方法4:動的なパーティション変更(非推奨)

例えば下記の URL などに情報があります

CentOS7でhomeパーティションの容量を削減してrootに割り当てる
https://icondecotter.jp/blog/2016/03/17/centos7%E3%81%A7home%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%AE%B9%E9%87%8F%E3%82%92%E5%89%8A%E6%B8%9B%E3%81%97%E3%81%A6root%E3%81%AB%E5%89%B2%E3%82%8A%E5%BD%93/

ただし、複雑な操作をともなうため、なんらかの知的チャレンジ/Linux 技術の習得も兼ねて、
でない場合は、あまりお勧めいたしません。

・お問い合わせについて

   お問い合わせの際は、当該サーバの利用者であることを確認するため、ご利用者様認証が必要になります。「設定報告書」記載の、
   「お問い合わせユーザID」、「お問い合わせパスワード」をご用意ください。
   お電話でのお問い合わせの際も同様となります。
   

   432-8003 静岡県浜松市中区和地山317 浜松イノベーションキューブ204
   TEL 053-401-8226 / FAX 053-401-8227
   otoiawase@jacc.in
    

サブページ (1): PHP 7.3 アップデート
Comments